建設業経理検定

建設業経理検定対策講座のポイント

建設業経理検定とは?

建設業経理検定とは、建設業経理に関する知識と処理能力の向上を図ることを目的として財団法人 建設業振興基金が行っている試験です。建設業経理検定試験に合格すると、建設業経理士・建設業経理事務士の資格を得ることができます。1級及び2級の建設業経理士は、公共工事の入札に係る経営事項審査の評価対象となっているため、需要が高い検定資格です。また、合格者には一定の手当てを支給する会社も多くスキルアップやキャリアップを目指す上で有効な資格といえます。

個別学習方式を採用 -個人のペースで学習が進められる-

個別学習方式の良いところは、わからないところをその場で質問ができ、自分が納得いくまで学習することができます。仕事や実践で役立てるために覚えるものだからこそ、一つずつ確実に理解することが大切です。

建設業経理検定2級以上を目指す方へ -日商簿記3級の範囲を理解しよう-

日商簿記の3級は、簿記の基本を理解する上で大切です。また、建設業経理士2級以上を目指す方は、日商簿記の3級及び2級を合格していると、学習範囲が重なる部分も多いため有利です。

建設業経理検定対策講座一覧

建設業経理士2級対策(スタンダード) -簿記の基本がわかる方にお勧め-

  • 受講回数・時間:36時限×90分(54時間)
  • 料金等(8%税込):[受講料]60,750円、[教材費]3,672円

建設業経理士2級対策(速習) -日商簿記2級合格者にお勧め-

  • 受講回数・時間:16時限×90分(24時間)
  • 料金等(8%税込):[受講料]32,400円、[教材費]3,672円

建設業経理事務士3級対策(2級入門)

  • 受講回数・時間:16時限×90分(24時間)
  • 料金等(8%税込):[受講料]30,240円、[教材費]4,104円

建設業経理士2級対策 主な学習内容

  • 建設業会計の基礎知識
  • 材料費会計
  • 労務費会計
  • 外注費会計と経費会計
  • 工事間接費の計算
  • 部門別計算
  • 完成工事原価
  • 工事収益の計上
  • 現金及び売上
  • 有価証券
  • 手形取引
  • 株式の発行
  • 剰余金の配当及び処分
  • 固定資産と繰延資産
  • 社債
  • 引当金
  • 税金
  • 本支店会計
  • 帳簿組織
  • 決算
  • 財務諸表


Pocket
LINEで送る

Copyright(c) 2017 Shizuoka Career up School All Rights Reserved.